Windows10でコピーした同名のファイルを両方保持する

Windows10でコピーした同名のファイルを両方保持する

Windows7のマイクロソフトによるサポートが2020年1月14日に期限を迎えるということで、今慌ててWindows10への移行を検討していらっしゃるWindows7ユーザーがいるのではないでしょうか?

筆者も最近パソコンの不調により買い換えたことによりWindows7からWindows10(以下Win10)へと移行することになったのですが、Win7でできていたことがWin10で出来ない!? どうして!? となった案件がいくつかありました。
その中でも勝手が悪いなぁと思ったのはファイルをコピーした際にコピー先に同名のファイルがあった場合、Win7では『コピーするが両方のファイルを保持する』という選択肢がありましたが、Win10ではその選択が見当たらない!ということでした。

あれ?もしや両方のファイルを維持することってできないのかな???
この画面を見てそう思った方は多いはず。また、これからWin10に移行する方でそう思う方も多いはず。
しかも何だか見慣れないメニューがありますよね。
下手に分からないボタンを押して取り返しのつかないことになったら困りますのでそっと画面を閉じることになるわけです。

何かを作るということはデータファイルなどを扱うというわけで、そうなると必然とバックアップのためにファイルコピーなどの作業が必要になりますよね。
中には同じ名前で保存してしまっているファイルもあるかと思います。
それをいちいち同名のファイルがあるかどうかを調べて名前を変更して、とやっているとファイル数が膨大な場合に手間がかかります。
もちろん、本来なら名前が被らないようにファイル名は付けるべきですが。

そこで、Win10でもコピーペーストした際に同名のファイルがあっても両方のファイルを保存する方法を紹介します。

Windows10でコピーした同名のファイルを両方保持する

さて、ご紹介します。と言いましたが実際は至極簡単に解決することができます。
さきほど「見慣れないメニューがある」と言いましたが、それがWindows10で言うところの両方のファイルを保持させるメニューになります。

では早速やってみましょう。

ファイルをコピーペーストで移動させる時に同名のファイルがあった場合、上のような画面が出ますので「ファイルの情報を比較する(C)」を選択してください。
すると下のような画面がでます。

どのファイルを保存しますか?と出ますので全てのファイルを両方保持したい場合は『□現在の場所』と『□宛先の場所』の両方にチェックを付けましょう。

もし、ファイルを選んで保持したい場合はそれぞれのファイル名の部分にチェックを付けるボックスがあるので左右両方のボックスにチェックを入れてください。
チェックを入れたファイルが保持されますので、保持したくないファイルにはチェックを入れなくて良いです。

ひとまず両方にチェックを入れて『続行』ボタンを押すと……

両方のファイルを保持することができました。
新たにコピーされたファイル名の末尾に番号が振られています。

いかがでしたでしょうか?
自分も出来ないものだと思いしばらく名前を変更してコピーという地味な作業を繰り返していたのですがWin10でも両方のファイルを保持できると分かり早速試してみたところ、無事に両方のファイルを保持することができました。
もしかしたら同じように悩んでいる方がいるかもしれないと思い、記事にしました。

お役に立てれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

覚書カテゴリの最新記事