2019年フリーで使えるおすすめペイントソフト!

2019年フリーで使えるおすすめペイントソフト!

デジタルイラストを描いてみたいけれどどんなペイントソフトは色々なものがあってどれを選べばいいか分からない、だけど有料のものを選んでも続くかも上達するかも分からないから最初は無料のもので試してみたい。
そんなデジタルイラスト初心者さんがいるのではないでしょうか?

有料で有名どころはPhotoshopやSAI、ClipStudioなどがありますが、それはまた後日紹介するとして今回は無料で使えるソフトを4つご紹介します。

FireAlpaca


http://firealpaca.com/

シンプルな操作性が初心者にもやさしいフリーペイントソフト。
必要最低限の機能はもちろん、自分でブラシを作成することができるので初心者でなくとも満足できます。

初期設定のまま使っても入り・抜きなど線がきれいで水彩ブラシも使え、動作が軽く簡単に集中線や3Dパースが使え、漫画原稿テンプレートも用意されています。
デジタルイラストだけでなく、漫画を描くツールとしても使用しやすいという嬉しいソフトです。

また、公式サイトでチュートリアルも用意されていますので初めてで使えるか不安な方にも優しい仕様となっています。

自分でブラシを作成するのが苦手という方もネット上にはブラシを配布してくださっている方がいるのでそれらをダウンロードして追加することができます。

対応OS:Windows/Mac

Pixiv Skecth


https://sketch.pixiv.net/

こちらはソフトというよりはブラウザ上で動作するペイントツールとなります。
こちらは先に紹介したFireAlpacaよりもシンプルな機能でどちらかというとお絵描き掲示板の感覚に近いかもしれません。
カスタマイズブラシなどは追加できませんが、最低限に抑えられた機能が初心者には逆に使いやすいです。
他のソフトと違い、自分の端末内にプロジェクトを保存することはできませんが、このツール内に自動で保存されていますので途中で休憩するなどしても続きから作業を始めることができます。
また、描いた画像はダウンロードすることも可能です。

さらにこのpixivのsketchはライブ配信を行うことができます
他の人がイラストを描いている様子を見て参考にしたり、自分が配信してアドバイスをもらうなどすると上達が早くなるかもしれませんね。
マルチデバイス対応なのでパソコンを持っていない人でもスマホやタブレットでお絵描きすることが可能です。

対応OS:Windows/Mac/Android/iPhone/iPad

Gimp

https://www.gimp.org/

こちらのソフトは言わずと知れた有名な海外製のフリーペイントソフトです。
有料のペイントソフトにも引けをとらず、ネット上で配布されているプラグインをインストールすることによって自分好みにカスタマイズしていくことができます。

Photoshop用に作られたブラシを使用することができるのでダウンロードサイトなどでPhotoshopのブラシをダウンロードしてくればブラシには困りません。
もちろん、GIMP用のブラシも豊富に配布されています。

かなり有名なソフトですのでチュートリアルもすぐに見つかります。
画像加工に特化したソフトですのでイラスト作成用だけでなく、写真などを加工したい人にも向いているソフトです。

対応OS:Windows/Mac

Medibang Paint

https://medibangpaint.com/

先に紹介したPixivSketchと同様にマルチデバイス対応なのでスマホやタブレットでお絵描きすることが可能です。
PixivSketchと違うのは機能が充実しているということです。
メディバンペイントには800種類以上のトーン・背景、50種類以上のブラシ、20種類以上の有名フォントがあらかじめ用意されているのですぐにお絵描きをスタートできます。
トーン素材も用意されているので漫画も描くことができます。

また、クラウド機能を使うことによりスマホなど容量の少ない端末でも容量を気にせず描いたイラストのデータを保存することができ、上記のフォントやトーン・背景素材を増やすことができます。

対応OS:Windows/Mac/Android/iPhone/iPad

 

いかがでしたでしょうか?無料と言えどデジタルイラストや漫画を描くには充分な機能を備えたソフトがたくさんあります。

どれが自分に合うかは分からない方はまずはソフトのサイトやUIを見てとっつきやすそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

無料ソフトカテゴリの最新記事