WordPressの新エディタを旧エディタに戻す方法!

WordPressの新エディタを旧エディタに戻す方法!

WordPressも日々開発が進んでおり、バージョンアップも定期的に行われていますよね。
昔WordPressを使っており久しぶりにWordPressでブログ等を始めようと思った方、WordPressの更新があることは分かっていたけれど何となくずっと更新しておらずようやく重い腰を上げて更新をしてみたという方はエディタの変化に驚いたのではないでしょうか。
自分も最近新バージョンWordPress 5.1.1をインストールしてみてエディタの変わりように驚いてしまいました。

ご覧の通り、今まで慣れ親しんできたエディタと全然違いますよね。
どうやらこのエディタはWordPress 5.0より正式採用された「Gutenberg」というエディタのようです。
記事をブロックごとに編集することによって専門の開発者がいなくてもカスタマイズした投稿やページを自分で作れるとのこと。

少ないプラグインでより多くを実現。
モダンでマルチメディア重視のレイアウトを作成。
すべての画面サイズと端末で動作。
実際のサイトと同様に表示されるエディタ。

WordPressより引用

以上が公式ページにて新エディタのメリットとして掲げられています。

しかしながら旧エディタで記事を書くことに慣れ親しんだ方にとって新エディタは物凄く使い勝手が悪いなぁと思う方もいるのではないでしょうか?
一部分の色を変えるや、あれ?画像はどこから?など戸惑ってしまいますよね。

そこで、とりあえずスタイリッシュなことは出来なくてもいい、今まで通りに分かりやすく記事が書ければいい、どうしても新バージョンのエディタに慣れないという方の為に旧バージョンエディタに戻す方法がありましたので紹介します。

 

新エディタはプラグインで旧エディタに戻せる

Classic Editorプラグインを使う

旧エディタに戻すには『Classic Editor』プラグインをインストールします。
自分がインストールをした際には注目されているプラグインとしてすぐ見つけることができました。
もし見つけられない場合はプラグインの検索からClassic Editorと入力して検索してくださいね。
インストールをしたら有効化をするのを忘れないでください。

有効化をしたらエディタをを開いてみてください。
どうでしょうか?使い慣れた旧エディタに戻せたのではないでしょうか。

このエディタで記事を書いてきた自分にとってはこのエディタがなんだか落ち着きます。
エディタ拡張プラグイン『TinyMCE Advanced』を入れてみましたがきちんと反映しました。

新エディタに戻したい場合はClassic Editorを無効化すればすぐに新エディタに戻ります。
旧エディタに戻したいぁと思っている方はどうぞお試しあれ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

WordPressカテゴリの最新記事